焼酎の保存方法のポイント

日本酒は早めに飲む方が美味しいとされていますが、芋焼酎は保存性が高いといえます。アルコール度数の高い芋焼酎は微生物が発生しにくく、腐ることはほぼありません。かといって、どこでも保存していいというわけではなく、保存にはいくつか注意が必要です。こちらでは、焼酎の保存方法のポイントを紹介していきます。

紫外線を避け風通しの良い所で保存する

芋焼酎にとって一番の敵となるのが紫外線です。焼酎に含まれる成分が紫外線を浴びると酸化臭が発生します。光はお酒を劣化させますので、紫外線はもちろん室内でも蛍光灯などの光は当てないようにしましょう。極端に暑くなる場所は避け、廊下や床下などの風通しの良い所で保存しましょう。

温度変化に気をつける

焼酎は日本酒やワインに比べると温度変化には強いですが、温度変化がなく低温を維持できる場所なら菌が繁殖しにくいです。ただ、あまりに低温だと焼酎の油分が沈殿物となって底に溜まることもあります。沈殿物ができても味に大きな変化はありませんが、温度変化には気をつけましょう。冷蔵庫での保存をお考えなら、野菜室で保存してください。冷蔵室は温度が低すぎますが、10度前後に保たれている野菜室なら開封後の保存に適しています。

空気に触れる部分を少なくする

空気は焼酎を酸化させますので、空気に触れる部分はできるだけ少なくしましょう。ワインのように瓶を横にして保存すると、空気に触れる部分が大きくなってしまいます。焼酎は必ず立てて保存するようにしてください。1度開封すると空気に触れやすく酸化しやすいですが、新聞紙で包んだりダンボールに入れたりすれば焦って飲みきる必要はありません。保存していた焼酎は雑味成分が浮き、味が変わっていることもあります。飲む前には上下に軽く振ってから飲みましょう。

鹿児島大地では、美味しい焼き芋焼酎の通販を行っております。
伝統技術集団「黒瀬杜氏」が醸す焼き芋焼酎は、雑味がなく味・香りともに芳醇で、適度な甘さと切れが良いのが特徴です。使用する芋は、鹿児島県大崎産の良質な「黄金千貫」に限定しており、精密な焼芋焼酎は贈答にもおすすめです。商品の購入金額1万円以上で送料無料になります。通販にてお求めください。